インプラントニュースについて

インプラントについての最新情報、実績には載らない豆知識をご紹介
  • HOME
  • インプラントニュースについて

2017.05.09

インプラント治療 メンテナンスについて

インプラント治療は、半永久的に使えるといわれていますが、次の2点は必ず行わなければ半永久的に使えるとは言えません。 ①定期健診・メンテナンスを必ず受ける 天然歯と同様にインプラントも正しく磨くことが大切です。自分できれいに磨いていると思っていても、汚れているケースは天然歯に限りません。また、定期健診・メンテナンスは必ずインプラント専門医のチェックを受ける必要があります。 ②他の歯...
2017.04.19

インプラント 費用

『広告文句を鵜呑みにしてはいけない!!』 広告、とりわけインターネット上では、インプラントについての派手なうたい文句をよく見かけます。最近目にするのは、「その日に歯が入る!」「1本10万円!」「激安!20年保証!」といった類です。 インプラントを考える人にとって、こうした言葉は惹かれる内容かもしれません。 そもそも治療計画は診察した上で決めるものなので、広告上では約束できないもの...
2017.05.18

インプラント治療「何を基準に選ぶべきですか?」

「ご存知の通り、インプラントは自由診療の分野となります。ですから費用の歯科医院により差が出てきますが、ここで注意したいのが『安ければ何でもいい』という考えです。安さだけでいったらインターネット等で『1本〇万円‼』などと謳い、集患するものも見られます。しかし、実際に治療すると、治療費に加え、人工歯、麻酔、CTメンテナンスなどが加算されるケースもあるようです。本来の目的である快適な口腔環境は得られませ...
2017.03.10

インプラントのメンテナンスについて

インプラントは、治療が終わった後のメンテナンスが大変、お金がかかる、とお考えの方がたくさんいらっしゃいます。 実はインプラントと自分の歯を比較した場合、お掃除についてあまり違いはなく、同じようなブラッシング、クリーニングで十分なのです。つまり、インプラントだからメンテナンスが必要、ということではなく、インプラントであろうが自分の歯であろうが、歯科医院で定期的なクリーニングをして、長持ちさせる...
2017.03.10

インプラントの痛みについて

インプラントの治療に興味があるけど、インプラント治療って痛そう、怖いんじゃないの?とお考えの方はたくさんいらっしゃいます。 きぬた歯科のインプラント治療では、静脈内鎮静法を取り入れており、気持ちをリラックスさせ、意識レベルを低下させることによって、痛みのない治療をすることが可能です。 全身麻酔まで重いものではございませんので、体にかける負担も最小限に抑えられます。 痛みが怖くてイ...
2017.03.09

歯科医師の腕が問われる前歯のインプラント治療

前歯のインプラント治療は歯科医師としての技量が問われる 特別なものです。 よく他歯科医院では、前歯部加算といって審美的に難しい「前歯部インプラント」に対して 特別な加算料金をとったりもします。 勿論、きぬた歯科ではそういった特別な加算料金は一切ありませんが 実際に行う治療は非常に繊細なものが求められ、時には骨造成や歯肉移植なども行います。 なぜ、前歯のインプラントが難しいかというと「噛...
2017.02.13

前歯の治療も奥歯の治療も同じ料金で治療致します。

こんにちは。患者様から「前歯の治療は高くなるのか」とご質問を頂くことがあります。 結論から申しますと、当院では前歯でも奥歯でも、どのような症例でも 治療の部位や難しさ、治療過程などで費用を加算すること・費用が変わることはありません。 しかし現実的に、前歯の治療が難しいのは事実です。 実際に、前歯の治療は難しいから高いという歯科医院もあります。 一般的に前歯は切り立って...
2017.02.07

世界最先端の歯科用CTを使用しています。

世界最先端の歯科用CTを完備。 放射線量は医療用CTの300分の1。 理想的なや審美性の回復を実現させるためには、 術前の正確な  、診断が極めて重要です。 当医院では、世界最先端の歯科用CTを完備。 一回であごのすべてを撮影することができます。 3次元的に画像分析することで他医院では不可能な症例も治療が可能になるほか、 放射線量は医療用CTの300分の1と大変安心です。 ...
2017.02.07

ストローマン・インプラントは世界シェア1位のインプラントです

ストローマン・インプラントはスイスのストローマン社が製造しているインプラントです。 1974年に臨床応用されて以来、世界40か国以上で使用され、現在では世界シェア第一位です。 ストローマン・インプラントは骨との結合期間が短いこと、シンプルな手術方法を可能にすることなどの 特長もあるほか、小さい形状のものは骨が薄い方や日本人のあごに適するとして、国内でも広く支持されています。...
2016.05.10

インプラントは1本の歯ごとに1本必要とは限りません。

1本の歯に対してインプラント治療を行う場合には、1本のインプラントを埋入する必要がありますが、 隣り合う複数の歯に対してインプラント治療を行う場合でしたら、歯の本数分のインプラントが必要となる訳ではありません。 患者様の口の様子にもよりますが、自然歯の本数より少ない本数のインプラントで治療を行うことも 可能です。治療方針は患者様のご要望をお伺いさせて頂きながら患者様と一緒に決めて...
2 / 212
まずは無料診断会からお越しください
  • 資料請求
  • お問い合わせ
無料で受けられる診断会を実施しています
全国の歯科医院さんとのネットワークで施術後の定期健診はご安心
失歯のことでお悩み・お困りの方はご連絡ください。
今月の診断会はこちら