インプラントお悩み相談Q&A

患者様のご不安の解消がはじめの一歩

インプラント治療の第一歩は患者様のご不安・心配を安心に変えてあげること。
きぬた歯科では無料診断会を毎月開催し、患者様にインプラント治療をご理解頂き、ご安心頂くことからお付き合いを始めさせて頂きます。
カウンセリングや相談会でお客様からよく頂く質問をテーマ別で紹介。インプラントについて、皆さんが思う疑問にお答え致します。
  • 治療について
  • 痛みについて
  • 費用について
  • 治療後について

治療について

安いインプラントときぬた歯科のインプラントとは何が違うんですか?

安いインプラントを広告している歯科医院には2つの理由があります。
一つは加算料金がかさむケース。
例えば、CTの撮影料、メンテナンス料、特に手数料や診断料など意味不明な金額を
どんどん上乗せしてくるタイプ。総額が一体いくらかかるのか実はわかりません。
もう一つはインプラント自体が将来どうなるかわからない安物(日本国産のものを含め)を
使用するタイプ。安い代わりに安全・安心が保証されておりません。

率直に申し上げて、今、星の数ほどあるインプラントの中でスロトーマンインプラント以外は
信用できません。ストローマンインプラントを使用している当院の価格設定は確実に安いと思われます。
しかし、ストローマンインプラントを使用していても、上に立てる歯に使う金属を将来アレルギー反応が起こる
可能性の高い安物を使用している病院での治療は安く済みます。
(上に立てる歯にどのような材質を使用するのかは患者様にはわかりません。)
インプラントは、長く使用するもので適性価格は大切な概念です。

当院では事前の診断から治療(施術)、メンテナンス費までがすべて一つになった価格を設定しています。
加算式に膨れ上がっていく心配はありませんし、豊富な実績数から大量仕入れができるため
同じストローマンインプラントを使用する医院の中では確実に安い価格設定になっております。
また、ストローマンインプラントは現在世界70か国の中で世界シェア1位を誇るインプラントです。
患者様に安心、安全な治療を適正価格でご案内できることが他医院と当院との違いです。

インプラントは10年、20年、30年のこれからの生活に直結する治療です。くれぐれもご注意ください。

歯科医師が1人の歯科医院でもインプラントはできますか?

実際には歯科医師が1人の歯科医院でもインプラント治療はできます。
しかし、1つの症例を多方面から議論したり、大学によって偏りやバラつきのある治療法をまとめることで
患者さんに一番あった治療法を選択できることから、やはり1つの歯科医院であったとしても多数の
歯科医師が常駐していたほうが何かと患者さんにとってはメリットがあるかと思います。
また、担当医が不在であったとしても、代わりのインプラントに精通した歯科医師がすぐに対応できる
ことから、やはりひとりの歯科医師だけの歯科医院ではインプラント治療は可能ですが、
一抹の不安が残るかもしれません。歯科医院選びの参考にしてください。

遠方からでも治療可能ですか?

インプラントの治療は比較的長期の治療になりますが、最初のカウンセリングの時にしっかりした計画を立てておけば、
無理のない通院で治療をすることが可能です。遠方から通院し、現在も定期的にメンテナンスを受けられている患者さまも
数多くいらっしゃいます。当院では宿泊施設のご案内もしておりますので、一度お気軽にご相談ください。

骨が薄くて、他院ではできないと言われましたが…

きぬた歯科では、CT検査で顎の骨の状態を詳しく調べ、症状に合わせた治療を行っています。
インプラントの技術レベルは病院によってまったく違います。
当院では骨の増成術に長けたドクターが多数おり、患者様のようなケースの場合に骨の量を増やす治療も行うことができます。
私どもではインプラントが出来ないとお答えするケースは、
ほとんどありませんので他院で断られた方も一度ご相談ください。

いろんなインプラントがあると伺いますが、何がいいのでしょうか?

一口にインプラントといっても、現在世界でシェアNo1を誇る安全性に優れたストローマン・インプラントから、
安全性に疑問が残る激安インプラントといわれるものまでいろんな種類のインプラントがあります。
きぬた歯科では、患者様の安全面を第一に考え、ストローマン・インプラントしか使用しておりません。
純チタン製で人体にもやさしく、30年を超えるインプラント寿命の実績があるインプラントです。
インプラント治療は、どのインプラントを使用するのかも大きなポイントになります。
インプラントは10年、20年と体内に入れ使用するものです。あたなにとってよいものを選んでください。

治療中は歯がない状態で生活するって本当ですか?

特に前歯など、見た目上とても気になる部分には、
仮歯や仮の入れ歯などを製作致しますので、ご安心ください。
また、仮歯は無料となります。

血圧が高く、治療への恐怖心もありますが大丈夫でしょうか?

静脈内鎮静法という方法があります。
点滴麻酔によって緊張による血圧上昇が抑えられるので、歯科恐怖症の方や、高血圧などの疾患がある方に適しています。
血圧・脈拍・心電図をモニターしながら、浅い眠りについた状態で治療することが出来ますので、ご安心ください。

インプラント治療中の喫煙について

インプラント治療中でも喫煙をすることは可能です。
1日1箱以上喫煙をされる方でばければ、ほとんど問題はありません。
しかし、喫煙することが治療の成功率や治療の遅れに関係してくることはご認識頂くことが大切です。
当院では禁煙や減煙のサポートも行っております。ぜひご相談ください。

治療期間はどれくらいですか?

骨の硬さによりますが、その日のうちにインプラントによる歯を入れることも可能です。
骨が柔らかい場合は3ヶ月ほど待たなければなりません。

通院回数はどれくらいですか?

通算5回ほどの通院になります。
そのため全国(北海道~九州)から沢山の患者さまが来院しています。
遠方の患者さまには、宿泊施設のご案内もしておりますのでお問い合わせください。

痛みについて

痛みや腫れについて

痛みや腫れには個人差があります。
当院では施術前に痛みや腫れについても必ず説明をし、ご理解頂いた上で治療を行います。
痛みに関しては、治療後に5回分の鎮痛剤を処方しておりますが、
通常1,2回程度服用頂ければ、痛みは治まります。
腫れに関しては、腫れる患者様もいれば全く腫れない患者様もいます。
腫れる場合には、冷却ジェルシートなどで冷やしていただくと同時に、腫れ止めの薬を
併用して頂いたりもしますが、数日程度腫れることはあっても、
一週間も腫れるようなことはめったにありません。

費用について

インプラントの費用は?

きぬた歯科では、患者様の安全面を一番に考え、世界No1のシェアを誇るストローマン・インプラントしか使用していません。
当院のインプラントはストローマン・インプラントを使用してのインプラント治療で、
人工歯が銀歯の場合31万円、人工歯が白い歯の場合42万円。消費税込みの金額です。

ローンでの支払いはできますか?

ローンでのお支払いでも大丈夫です。
当院では現金でのお支払いの他に、「するが銀行」のデンタルローンと「オリコ」のWEBデンタルクレジットを
ご用意しております。お気軽にご相談ください。

治療後について

自分の歯のようにしっかりと噛んで食事ができますか?

ご安心ください。
歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込みますので、
治療後の噛む力は自然歯により近く、入れ歯やブリッジとは比べられないくらいに強いです。
顎の骨としっかり結合し、硬いものでも思いっきり噛むことができます。

インプラント治療後の保証はありますか?

ほとんどの方が永続的にインプラントを使用できますが稀に脱落してしまうデータがあります。
きぬた歯科では、万が一そのような場合でもインプラント体は10年間、人工歯は5年の保証期間を設けさせて頂いております。

メンテナンスの方法は?

インプラントを維持するためには、正しい清掃方法でお口の中を清潔に保つことが大切です。
日常のお手入れは歯みがきをていねいに行い、その上で定期的に検診を受けましょう。

メンテナンスが大変と言うのは本当ですか?

天然歯と同様のケアが基本ですので、特別大変ということはありません。
インプラントのメンテナンスは患者様がご自身で行うメンテナンス(歯磨き)と
歯科医院で行う定期的なメンテナンスで十分です。

他の医院で入れたインプラントのメンテナンスはできますか?

可能です。
インプラントは様々なメーカーがあり、それぞれに特徴があります。
できれば、その歯科医院で使用したインプラントのメーカーがわかればよいと思います。
当院は世界で一番使われているストローマン社のインプラントを使用しています。
そのため他の歯科医院からメンテナンスや相談を受けることも少なくありません。
インプラントのメンテナンスでは噛み合わせのチェックや、スクリューの緩み検査、
人工歯の消耗度や歯肉の腫れ具合を確認しております。
メンテナンスをいかに大事にするかでインプラントの寿命は変わってきます。
ご不安に感じられていることがありましたら、お気軽にご相談ください。

インプラントに寿命はありますか?

「第二の永久歯」といわれるほど、本物の歯に近い感触を再現できるインプラント。
材質的にはその寿命は、半永久的なものと言われていますが、それにはしっかりとしたメンテナンスや定期検診が必要です。

まずは無料診断会からお越しください
  • 資料請求
  • お問い合わせ